H29.8.19土 川崎釣り幸 今シーズン初タチウオはいじめっ子

深夜明けの休み。
午後船しかないなぁ~と思ってたら始発で帰宅すれば間に合いそう(^.^)
わりと家から近い川崎釣り幸さんに飛び込みました。
型も良くなったと聞いて今期初タチウオ(^.^)
走水60㍍から開始。
画像

僅かな触りで何とか船中初物をゲット。
魚信りは少なく周りも 苦戦してるみたい。
すぐに船長は移動して観音へ。
船団も移動です。
細かく強めに誘って魚信りを感じたらそのまま上へ誘い上げる。
魚信りは少なく追って来ない(>.<)
しかーし!
隣の父娘、特に中学生位の娘さんは良く釣ってその度に、
あたりがあったら大きく動かすと釣れたよ🎵とか、
今日は早く誘った方がいいねとか、
細かく動かす方が釣れるねだとか何回も誘わないとダメみたいだとか、
とどめは餌の着け方で変わるね(^o^)v
と、お父さんに訴えてる。
その都度、聞き耳をたてて、えっ?
大きく誘う?
何回も?
大きく?
細かく?
早く??
餌の着け方を代えた??
どんな風に?(・_・?)
もうペースはめちゃくちゃ(>.<)
完全に自分を見失った( ̄▽ ̄;)

指示棚は60㍍前後から50㍍位。
10㍍以上あるがその間を丁寧に細かくしつこく誘って魚信りがあったらその場で誘い続けるとグン!
このパターンで追加。
高速シャクリでやる気のタチウオをと何度か試したり速さを変えたりしたが難しい。
再び走水へ移動。
潮が速くなりおまつり騒ぎも頻繁にあるがサミングをしない人、出来ない人は特に酷い。
タチウオのサミングは糸ふけを取る程度じゃなく一度しっかり糸を止めて落とす。
特に速潮時は20㍍毎はやらないと。
それに竿は真下に向けてガイドの影響も減らさないとNG
ここでも追って来ないタチウオと中学生に翻弄されながらポツーンポツーンと追加。
しかし知らない内に餌が無くなる事もあり難しい(涙)
苦労したがタチウオらしくて型も良く楽しめた・・負け惜しみだけど( ̄▽ ̄;)
手漕ぎでここまで来てた・・しかも70メートルはある水深にアンカー打って(^^;
画像


やっと15本で中学生は13。
大人げない54才はほっとした。
この時季でこれじゃこの先が恐ろしい。

釣果 15本 船中1~26
竿 アナリスタタチウオMH
PE1号
ハリス 7号一ヒロ。
オモリ 60号。
針は3/0で通したがこれが良くなかったかな。
型狙いでも渋い時は針を落とす工夫は必要かも知れない。

型は4本指幅が4つは混じり3本幅以下は居なかった。
いよいよ秋冬のシーズン開幕かな。
そして下船時に船長から胴の間で3位だよ、良く頑張ったねと誉められて微妙な気分。。(〃_ _)σ∥
画像


追加
帰りの豪雨ったら凄かったね。
雷もなりっぱなし(>.<)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック