9月3日(日)川崎 中山丸タチウオ むだな考えでも(^^:

今回は無事予約が取れて常宿の中山丸から。

盛況な中山丸は餌、ルアー、餌・ルアー混合の3杯出し。
二度寝(>.<)して遅れた私は混合船何故か左舷舳へ。
勿論お立ち台なんかに上がりませんよ!
遅れるちょっとだけ離れてるコリアタウンの駐車場へ  シュールな門
画像

とにかく大きいタチウオが釣りたい!
ではどうすれば良いのか?(・_・?)
全く解りません(/--)/120㌢以上対象で3位が松阪牛!
動機が不純。
肉食いてぇー!(>.<)

先ずは富津30㍍から。
ここは小中型中心に時折良型がでるそうです。
アナリスタにカルカッタで針は3/0。
小型を避けたい。
1日小中型の数釣りだったら・・。
覚悟はして自分を信じる(^^;
なんて思ってたら型を見て痺れを切らした船長は観音沖へ移動。
ここでリアランサーHに替えました。
この竿は感度はいいんですが硬くて使いこなせてない。

魚信りからあわせ時が今一つ掴めてませんが折角の道具なんで何とか慣れたいものです。
それに今日のテーマの一つは持参のゴマさばと船宿のコノシロを使って違いを確かめたいと思います。
画像

がっ!いきなりの高切れ(涙)
魚が着いてるおまつりの上げ方を知らない人が多いですね(^^;
仕方ありません。
ついでにサミングもやらないか間違ってる。
この辺りは忍さんや富津通いのおかげです。
もう一つは最近多くなってきたコノシロの付け方もサバとはちょっと違うので気をつけたい。
この日は魚信ると追って来てくれるので釣り甲斐があって楽しい。
そうすると色々試したくなります。
航路。釣れてたのに散開させられました。残念だけど仕方ありません
画像
画像

餌の違い。
これは思った通りでした。
ヒントになりました
画像

画像


つまりあわせや誘い方が違ってくると言う事でしょうか。
指示棚の上に活性の高いタチウオがいる?
指示棚の上現より10㍍上でも釣れました。

近くでやってた方が小さなタコベイトを付けて連釣してた事も今後の参考にしてみたいですね。
もしかしたらタコベイトのアピールより動きの変化に反応してる?(・_・?)
なんて思ってしまいます。
底反応の時は恐らく活性が低いからゆっくり誘って
段々上へ強めに誘って指示棚上現少し上で掛けた時は快感~(*^^*)
感度の良い竿は楽しい。
タチウオを上へ連れていき魚信りを出して掛ける(^.^)
僅かな魚信りを感じての緊張。
この緊張感が釣りの面白さですね♪。
追わせて追わせて駆け引きして掛けれたら天国。
大概居なくなって地獄へ突き落とされますけど(^^;
地獄と言えば僅かな引き込みを感じて誘っても反応がないので上げると針がありません。
そんな事がこの日は3回ありました。
食い上げ?(・_・?)
相変わらず悩みながら試しながらなので遠回りしてますが自分のスタイルなので仕方ありません。
これで釣果が伴えば説得力があるんですが全く伴ってません(^^;
気がつくと隣とその向こうの方もリアランサーでした(゜_゜)
同じなので動かし方が等参考になります。
同じ場所のはずなのに底に行ったり上ずったり不思議ですね。
船長のアナウンスも「今はお魚さんは底~5㍍」とか「60~50㍍位にお魚さんいるよー」となんかほんわかしてました。
タチウオ、難しいけど楽しいですね。

結果は17本(3船頭50)
アナリスタMH
リアランサーH
PE1号天びんハリス7号2㍍
針 3/0
オモリ 富津40号 観音~走水60号

今後もこのお魚さんと徹底的に付き合って行きたいですね(*^^*)
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック