6月23日(土)深川富士見シロギス やぁっと巡り会えたこの釣り

中通し竿(手羽)で釣るシロギス。
永い事憧れてました。
リール竿も最近は和竿を使う事が多くなり以前からどちらかと言うと船下の釣りが好きです。
その憧れがいよいよ現実に!(((o(*゜∀゜*)o)))
中通しと言う事で左舷舳に席を取って貰い右舷舳にははぜ研の方とまぁちゃん(^.^)
錘は思ってたより軽い8号を用意してくれました。
6号でも良いそうです。
船は約一時間かけてアクアラインの東側8㍍に到着。
その瞬間は間もなく訪れました。
潮止まり間近だったので小さく誘って長めに待つと穂先が小刻みに震えてその時は手元にもわりとはっきり感じてましたので一呼吸置き竿が短い為、立ち上がりながら突き出す様に聞き上げるとはっきりした重量感と抵抗が小気味良く手繰った手元に15㌢程の憧れだったシロギスが表れました。
永い事シロギスはやってますが節目の思い出深い対面は感無量(*´▽`)
無風べた凪の盤洲。
船はエンジンを切りぶん流しで少しづつ舳に流れて静かな幻想的な中、ポツポツ釣れて来ます。
真下しか狙えないので潔く強弱と待つ間隔を意識して誘ってましたが引ったくるような魚信りはほとんどありません。
糸がナイロンの為かも知れませんね。
初めての中通しなので誘いもあわせも模索しながら半信半疑でばらしやあわせ損ないもありましたがお昼前の雨が降るまで37釣る事が出来たのは最高に楽しめました。
カッパを着て竿をリールに替えて何時ものスタイルになると潮が流れてる為か振り分けで良くあたります。
2時の納竿までに合わせて59(^.^)
型は12㌢位のピン混じりで最大18㌢位のが4つと平均15㌢位。

釣果 12㌢位~18㌢位59
船中12~60
竿  中通し 東涼六尺七寸
       自家製六尺
   リール 和竿五尺六寸一本竿
仕掛け 中通し 胴つき一本針
    針 競技用ひねり8号
    ハリス1号40㌢~30㌢
    捨て糸15㌢。
→これは誘いが効かないと思い長めにしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック